2009年11月22日

ゼミのOB会

ママは大学時代、青春真っ只中!をゼミ生活で過ごした。最初の2年間をぼんやりと、スキーや、ケンタのバイトなどをして過ごしてしまったママは、ゼミは本気でやってみよう、と思った。
そして、選んだのが大学の中でも厳しくて有名な●●ゼミ。
このゼミは人気も高く、でも厳しいと有名。
でも、やるからにはと思い、厳しい選抜試験を乗り越え、「ゼミを最優先にする」と誓って入ったゼミ。合格したときは本当に嬉しかった。

でも、厳しいといううわさは本当で、入ゼミ早々本当に厳しい。まだ2年なのに、11月中からレポートの宿題。その他勉強会という名の、何度も4年生と一緒に勉強する会の招集。3年になっても激しく討論の日々。4年になったら、今度は先輩方がやってくれたように、後輩達の指導にあたる日々。辛いと思った事も正直あったけど、同期の仲間と先輩たちもやってくれてるのが嬉しくて、乗り切れる気がしたし、乗り越えてこれた。ということで大学後半2年は、悔やむ事もないほどの充実したゼミ生活を送った。

振り返ると、今年は卒業して15年目。そんな節目の年にゼミのOB会が開催されたのだ。OB会参加者は180名ほどで多くてびっくり。
しかし老いも若きも同じ場所で、経営者としての悩みなどで意気投合している。皆さん、すごく良い笑顔。

改めて「このゼミに入ってよかった」と思った一日だった。
先生も本当に良い笑顔。●十年もの人生をかけてこの場を作ってくださった先生に感動して、涙が出てきた〜。
そして、このパーティーに参加させてくれたPさんと両親に感謝。一人で二人のお世話大変だったね。最後まで文句も言わずに行かせてくれてありがとうーー
posted by sakihime at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ママのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
180人を前に、司会おつかれさまでした!
あの場は、一気に昔に戻れるから不思議ですね。みんなパワフルだし、楽しかった〜。
そして私も、こんなに慕われる先生の大きさに、改めて感動したし感謝しました。あの中で、誰よりも若かったし!
2年後の退官式、いいものにしたいですねっ。今度はなにかお手伝いできるかしら。。。

スパルタ指導された後輩より。
Posted by なっとまき at 2009年11月25日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。