2009年11月19日

学芸会

先週の土曜日、サキの学校では学芸会がありました。
保育園を卒園してから、初めての劇。
金曜日は生徒が鑑賞する日、土曜日は保護者、地域の人が鑑賞する日。
でも、マサキの体調が悪かったので、ママは金曜日に会社を抜け出して鑑賞ハートたち(複数ハート)
ハウのエヴァー、しか〜し、どうしてだかその日ばかりは朝から忙しく、10時35分に学校に居たかったのに、10時28分に会社を出た!それでも学校には40分過ぎ着。近いって素晴らしい、と改めて実感。
サキたちの劇はお菓子の好きな海賊が、お菓子を探して旅に出て、色々お菓子を食べあさるけど、結局は自分の島に戻り、お菓子のお店を作っちゃう、というお話。
2年生のことは殆ど分かっているので、「へ〜あの子が!」とか「この子がこの役はばっちりだね!」とか感じられるので、なかなか楽しいるんるん
2年生のだけしか見れなかったけど、6年生だとどうなるんだろう?と胸に期待をいだかせる、そんな劇でした。見たいなーと思ったけど、時間はもう11時15分、慌てて会社に戻る…
思ったとおり、サキは6年生の劇にすごく感動したようで、私に電話したときに「今日観たよ!」と言うと、すかさず「6年生のも観た?すごかったよね6」と興奮。
6年生は自分たちで劇の内容を決めて、台本作って、芝居をしたとか。また、主役の子が劇団員?といういう程お上手だったとか。
運動会の時も感じたけど、そうやって先輩を敬うことが出来るチャンスを与えてくれる小学校ってやっぱり良いなーと思いました。
あと、地域を常に意識し、地域と共に子育てしている学校であるのも、ママは素敵だと感じる。だから、たとえば、街中で学校に協力してくれるシルバーさんに会うと、必ずお互い挨拶揺れるハートそういうことが大事なんだと思う。

マサキの体調のこともあり、今回は役員の癖にPTAに協力できず、申し訳ない限り。次回は今回の分も頑張らねば…。
posted by sakihime at 03:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。