2009年02月06日

ドイツパンの店 タンネ

この前、マサキの小児科を探し歩いた日の事、電話をしながら歩いていたらよい香りが。お、パン屋さんじゃない。しかも、前から話だけ聞いていたドイツパンの店、タンネ。しかも「Sale」の文字が・・・。こりゃぁ入るしかない。
店内が空いていた事もあって、ベビーカーで押し入り。
いやぁおいしそうなパンが沢山。ベルリーナのジャム入りを購入。一口かじると、外はさっくり、中からは甘すぎないジャムがほろりとこぼれ出てくる。うーん、美味しい。マサキが泣かないかと今回も大慌てで食したが、今度はゆーっくり、お茶でも楽しみながら楽しみたいパンたちでした。
この日行った小児科。ネットの前調査通り、外観は相当微妙たらーっ(汗)。勇気を出して中に入ってみると、かなーり昭和な雰囲気。「でも、先生は良いと書いてあったし」と受付を済ませ、待合室に落ち着くと、一組しか待ってない状況と空いていて、受診中の子は「予防接種だな」という感じ。「でしょー、インフルエンザになんてかかったらたまらないからねー。私はあ・え・てこの病院を選んだのよ」なんてちょっと自分の直感を誇らしげに思っていた。そして、順番を待っていると、マサキは遠慮のない激しいゲップをかまし、さらには「うーん、うーん」とがく〜(落胆した顔)。そして、想像通りブリブリブリもうやだ〜(悲しい顔)。・・・どうしよう。昭和な雰囲気のトイレは、期待に反し洋式ではあったものの、オムツを替えるような場所もなく…。でも待合室の暖かさにますますかぐわしいカホリが・・・。仕方なく受付で事情を話すと、「もうすぐ診察ですから、中に入ったら遠慮なく交換されてください」との事。よって、ヒヤヒヤしながらも待つ事に。
 さらに、待っていた一組は、なんと「インフルエンザ」。そして、実は外で待っていたもう一組が居て、その子供も「インフルエンザ」・・・。おいおい、この病院を選んだ意味が…
 これは2月3日の出来事。今日も発病せず元気って事は運よくうつらなかったって事よね!そして、うわさどおり、先生はなかなかよい方でございました。しかし、開いているのは、夕方5時まで・・・会社に戻ったら来れない時間だぁねふらふらどうしましょ。でもひとまず「主治医」はこの人にしましょうグッド(上向き矢印)
posted by sakihime at 15:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ママのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツにもおいしいパンの店あったら教えてください。。。軽めのパンが好みなのにこっちのパンはミタメより重く、ナマリのようなパンばかり。。。
Posted by せれぶ at 2009年02月06日 17:00
確かにどのパンもずっしりしていました。おなかいっぱいになりますわ。今度会った時にご馳走するので、おいしいか判定してちょうだいね。
Posted by sakihime at 2009年02月09日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113765283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。